1. TOP
  2. ◆従業員の不満の解決方法がわからない社長の為のやる気アップの方法!

◆従業員の不満の解決方法がわからない社長の為のやる気アップの方法!

 2016/07/08 従業員不満解決方法
この記事は約 4 分で読めます。 274 Views

従業員の不満の解決方法がわからない社長の為のやる気アップの方法!

 

今日は、私の長年の経験の中から従業員の導き方が分からない社長に向けて

従業員の扱い方についてお話します。

「従業員の不満」とひとことに言っても、不満の種類もたくさんあります。

賃金への不満、仕事の内容への不満、配置転換への不満、部署内の人間関係への不満、

上司や部下への不満、社長自身への不満、評価への不満など挙げたらキリがありません。

しかし、その中でも比較的大きな不満は、「人間関係への不満」です。

「どうしてあの人はいつもこうなんだろう?」とか、

「何を考えているのかサッパリわからない」とか、

「言葉が相手に入っていかない・・・」といったものです。

社長であるあなたも経験ありませんか?

「ちょっとした一言で従業員のやる気をなくさせてしまった!」とか・・・

「ちょっとした一言で従業員を怒らせてしまった!」とか・・・

逆に「ちょっとした一言で従業員をやる気にさせた!」とか・・・

実はこの「ちょっとした」がポイントなのです。

この「ちょっとした一言」は相手の心に刺さっているわけです。

という事は、相手が持っている「価値観」に触れているということですね。

価値観は従業員毎に全く違う

その「価値観」ですが、これは従業員毎に全く違います。
「10人いれば10人同じ人はいない」と言っても過言ではありません。

全く価値観の違う人が集まるのが会社という場所です。

その最終指揮官が社長であるあなたなのです。

あなたならどうしますか?

当然、社長であるあなたと全く同じ価値観の人はいません。

たとえ全く同じ人がいても、その従業員があなたの言うことを100%理解出来るとは限りません。

そんな状況の中、あなたが○と言っても、従業員には▲と伝わっているかもしれません。

「白」と表現しているのに「黒」と判断するかもしれません。

私も若い頃、従業員に仕事の指導をする時、伝える言葉が上手く伝わらないという経験をしました。

一つの傾向として頭の良い従業員ほど、「早合点」して、私が求める結果でない状況を作り出します。

「そこまでしろとは言っていない」とか、

「だから話を最後まで聞いて動いてね!なんて言いたくなる状況を作ってしまいます。

これは伝える側の責任でもあります。

違う価値観を分類すると楽に理解が進む!

そこで人の分析を考えました。
これが「従業員の不満の解決方法」につながるとても簡単な方法です。

実際のカウンセリングや性格分析の中で、特徴的な人の分類を行いました。
それが「点思考」「線思考」「面思考」の分類です。
この3つの分類を知るだけでも、人間関係がとても楽になる人が続出しました。

この3つの分類が解ると、「言葉の違い」「価値観の違い」「行動の違い」が

理解出来ます。

人は誰でも自分の価値観から相手に伝えるので、それが伝わらない原因となります。

なぜなら、さきほども申し上げた通り、「同じ価値観の人」は世界中を探しても

どこにもいないからです。

自分の言葉ではなく、相手が持つ価値観の言葉で話して上げると、伝わり具合が抜群に上がります。

また、バラバラな従業員をザックリ分類して接するだけでも、かなり伝わりが良くなります。

当然、各タイプ毎に「やる気」のポイントも違うので、個々のやる気ポイントへ近づけます。

あなたの会社でもこの「分類方法」を取り入れてみませんか?

今回は特別に「無料7ステップセミナー」をご用意しました。
今なら登録は無料です。下記よりお申し込み下さい。

 

\ SNSでシェアしよう! /

社長のための「即効!超営業力強化!人読みプログラム」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

社長のための「即効!超営業力強化!人読みプログラム」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

久保俊博

久保俊博

一般社団法人コアメンタル協会代表理事
自分軸発掘トレーナー/大阪市出身。

長年「動物占い」や「素質論」の基になった「生年月日分析術」の大元の研究を行う。実際の対面相談で収集した「口癖や行動癖と性格の因果関係」のデーターを駆使し、2006年に、自分や他人の性格の「多面性」を見抜ける独自の手法「性格診断カルテ」を開発。

90%以上の精度で人の性格や行動の「多面性」を読み込むことを誇る。近年は、企業研修や、セミナーやカウンセリングを通じて、コミュニケーション不全に悩む方々に、そのメソッドの活用法を伝え、クライアントが短期間で劇的な人間関係の変化を得ている。

実は親しい人の自殺を経験。それを機に会社経営と並行してカウンセリング活動を開始。自分のことが分からず悩む人を助けたく「自分」を知る術を伝えようと決意。

カウンセリングをして行く中で、「心が軽くなった」「自分がわかった」「他人と上手くいくようになった」という多くのクライアントの声を聞く度に、この仕事を天職にしようと決意。

2004年カウンセリング活動がサンケイリビングに取り上げられる。2013年、FM OSAKA「リアライズ」」、「おはよう朝日」にゲストとして出演。2015年6月会計ソフトTKC発刊の「戦略経営」の取材を受ける。年間48回のコミュニケーション能力アップセミナーを自主開催。6年間で延べ3000名が受講。関西6店舗のカルチャースクールにて「コミュニケーションアドバイザー育成講座」を開催。コミュニケーションアドバイザーの育成を行う。

また、企業においても「性格診断カルテ」を使ったコミュニケーション研修を行っている。

現在も独自の手法で口癖や行動癖と性格との因果関係やデーターを継続収集。コンサルティングにおいて活用している。

現在は「天命」の研究、講演、コンサルティングを行う!

著書:

3つの聞き方だけで仕事は9割うまくいく 徳間書店 

嫌いなあの人を味方に変える12の方法 かんき出版

「本音を引き出す技術」こう書房

この人が書いた記事  記事一覧

  • 天命・パーソナルカウンセリング

  • 自分がどうしたら良いのか分からない!

  • 「天命パーソナルカウンセリング」受けてみませんか?

  • 社長!あなたの現業はあなたの「本当にやりたいこと」ですか?

関連記事

  • なぜ内の会社には従業員が定着しない?従業員定着しない理由は社長のせい?

  • 社長のための「働かない」「言うことを聞かない」従業員の動かし方!

  • やる気がない従業員をやる気にさせるための3つのコミュニケーション やる気アップコミュニケーション術