1. TOP
  2. 人生の転機に「どん底」
  3. いい加減に生きてみる

いい加減に生きてみる

 2018/04/04 人生の転機に「どん底」
この記事は約 2 分で読めます。 193 Views
  1. ◆いい加減に生きてみる。

いい加減に生きてみよう。

いい加減とは「イイ加減」「適度な加減」
と言う意味。

つまり、あなたが心穏やかに入れること。

怒ってばかりいませんか?

悲しんでばかりいませんか?

疑ってばかりいませんか?

強がってばかりいませんか?

頑張り過ぎていませんか?

そろそろ、このあたりで肩の荷物を一度、
おろしてみませんか?

そうそう、深呼吸、深呼吸。

◆心がリラックスしたら?

心がリラックスしたら、
おへその周りの下っ腹を膨らませる感じで、
少し力を入れてみよう。

そしたら、ホラ、肩の力を抜けませんか?

ここで肩を縦に二、三度揺すってストンと
下げてみたら尚良くわかります。

これが、腹を据えると言う事。

いい加減の状態。

あなたが地球の根っことつながる状態。

その状態で目を閉じて、深く息をしてみよう。

心に静寂を感じませんか?

あなたが「いい加減」になった瞬間です。

笑う門には福来る。

久保敏浩

 

\ SNSでシェアしよう! /

人生の転機に立った社長のための、ピンチをチャンスに変える生き方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

人生の転機に立った社長のための、ピンチをチャンスに変える生き方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

久保敏浩

久保敏浩

一般社団法人コアメンタル協会代表理事
自分軸発掘トレーナー/大阪市出身。

長年「動物占い」や「素質論」の基になった「生年月日分析術」の大元の研究を行う。実際の対面相談で収集した「口癖や行動癖と性格の因果関係」のデーターを駆使し、2006年に、自分や他人の性格の「多面性」を見抜ける独自の手法「性格診断カルテ」を開発。

90%以上の精度で人の性格や行動の「多面性」を読み込むことを誇る。近年は、企業研修や、セミナーやカウンセリングを通じて、コミュニケーション不全に悩む方々に、そのメソッドの活用法を伝え、クライアントが短期間で劇的な人間関係の変化を得ている。

実は親しい人の自殺を経験。それを機に会社経営と並行してカウンセリング活動を開始。自分のことが分からず悩む人を助けたく「自分」を知る術を伝えようと決意。

カウンセリングをして行く中で、「心が軽くなった」「自分がわかった」「他人と上手くいくようになった」という多くのクライアントの声を聞く度に、この仕事を天職にしようと決意。

2004年カウンセリング活動がサンケイリビングに取り上げられる。2013年、FM OSAKA「リアライズ」」、「おはよう朝日」にゲストとして出演。2015年6月会計ソフトTKC発刊の「戦略経営」の取材を受ける。年間48回のコミュニケーション能力アップセミナーを自主開催。6年間で延べ3000名が受講。関西6店舗のカルチャースクールにて「コミュニケーションアドバイザー育成講座」を開催。コミュニケーションアドバイザーの育成を行う。

また、企業においても「性格診断カルテ」を使ったコミュニケーション研修を行っている。

現在も独自の手法で口癖や行動癖と性格との因果関係やデーターを継続収集。コンサルティングにおいて活用している。

現在は「天命」の研究、講演、コンサルティングを行う!

著書:

3つの聞き方だけで仕事は9割うまくいく 徳間書店 

嫌いなあの人を味方に変える12の方法 かんき出版

「本音を引き出す技術」こう書房

この人が書いた記事  記事一覧

  • 口癖で性格がわかる深層心理学 今すぐ使える方法

  • 私が自分の人生を変えた日

  • 女性が起業しながら、家事や育児を両立させる事って可能?楽しく仕事を両立させるために大切な1つのこと

  • 「ターニングポイント・パーソナルカウンセリング」受けてみませんか?

関連記事

  • 人生の転機を迎えた社長が、ブレない心で人生のターニングポイントを生きる方法

  • 勇気をもって一歩進んでみない?

  • 私が自分の人生を変えた日